Home » The outline of a masterpiece novel of Japan -Ryuunosuke Akutagawa- by hirofumi
The outline of a masterpiece novel of Japan -Ryuunosuke Akutagawa- hirofumi

The outline of a masterpiece novel of Japan -Ryuunosuke Akutagawa-

hirofumi

Published July 14th 2013
ISBN :
Kindle Edition
39 pages
Enter the sum

 About the Book 

本書の特徴芥川龍之介の有名作品を「あらすじ」にして読みやすく。「羅生門」「鼻」「地獄変」「蜘蛛の糸」「奉教人の死」「藪の中」「河童」など、初期から晩年までの名作をバランスよく収録。古い言葉づかいは現代語に置き換え、かみくだいた表現に。ボリュームのある「あらすじ」で、要点をしっかり読める。ストーリーを軸に、人物、描写、時代背景などもきちんと読める。全体として特にこだわったのは、あらすじ集にありがちな、内容の薄さは避けることです。物語のオチまでしっかりとあらすじに含めた上で、More<<本書の特徴>>■芥川龍之介の有名作品を「あらすじ」にして読みやすく。■■「羅生門」「鼻」「地獄変」「蜘蛛の糸」「奉教人の死」「藪の中」「河童」など、初期から晩年までの名作をバランスよく収録。■■古い言葉づかいは現代語に置き換え、かみくだいた表現に。■■ボリュームのある「あらすじ」で、要点をしっかり読める。■■ストーリーを軸に、人物、描写、時代背景などもきちんと読める。■全体として特にこだわったのは、あらすじ集にありがちな、内容の薄さは避けることです。物語のオチまでしっかりとあらすじに含めた上で、単にストーリーを追うだけの単調なあらすじにならないよう、工夫しています。文量としては、原作に対して概ね1/7ほどになっています。<<本書の概要>>芥川龍之介については、名前や作品名は広く知られており、教科書などにも作品が載っているので、彼の作品は、一度は読んだことがあるでしょう。例えば「蜘蛛の糸」「杜子春」などは子供向けの作品であり、絵本やアニメなどにもなっていますから、そのストーリーは何となくわかるでしょう。ただ、「羅生門」「鼻」「藪の中」「河童」などはz